相続税申告の基礎知識

FD1_0557

相続税とは親族が亡くなった場合に、

その人が残した財産を相続・遺贈等によって取得した時にかかる税金のことです。

取得した財産が一定額以下であれば、相続税はかからず、申告の必要はありませんが、2015年に相続基礎控除額の変更と相続税の税率変更がなされ、今後相続税が発生する方が大幅に増えることが予想されます。

 

また、相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に、亡くなった方の亡くなった当時の住所地の税務署に対して行わなければなりませんが、相続税申告を行うには、最低でも2ヶ月程度の期間を要することが多いため、早めに準備をされることをお薦めします。

 

もし、申告の期限までに申告しなかった場合には加算税が、期限までに納めなかった場合には、延滞税がかかりますので注意が必要です。
相続税の基礎知識に関しては下記をクリックして詳細を御覧ください。

 

相続財産の評価額 詳しくはこちら>>

相続税とはある一定以上の財産を得るときに、国から課せられる税金のことです。
では、相続税がどのように算出されるのか、いったいいくらの相続税が掛かるのかを把握しましょう。

 

相続税の各種控除 詳しくはこちら>>

相続税には様々な特例や控除が設けられています。
どのような控除があるか確認しましょう。

 

死亡保険金を受け取った時 詳しくはこちら>>

被保険者が生命保険に加入していた場合、被保険者が死亡すると保険会社から死亡保険金を受け取ることができますが、この保険金にも原則的として税金がかかります。
 

加入していた保険の保険料負担者や受取人が誰なのかによって、かかってくる税金の種類が異なりますので、必ず確認しましょう。

 

当事務所では、明確な料金表で相続全般のサポートをしております。
お客様自身でできることは方法をアドバイスし、必要なサポートを丁寧に行っております。

料金はこちら>>